ExcelVBA, ファイルの操作, フォルダの操作

カレントフォルダ内のファイル名一覧を出力をする、サンプルマクロです。 イミディエイト画面に一行ずつ出力 FileSystemObjectを使う方法 DIR関数を使う方法 ※3行目にフォルダパスを記入します。 サブフォルダ内のファイル名も一覧に含めたいときは、以下を参照してください。 【ExcelVB ...

ExcelVBA, ファイルの操作

テキストファイル内の文字列を検索してヒットした場合は、その文字列が存在する行全体をイミディエイト画面に出力します。 下記のサンプルは、読み込むテキストファイルはCSVファイル(1行目がヘッダー行)だとして説明しています。 イミディエイト画面に一行ずつ出力

ExcelVBA, ファイルの操作

サブフォルダ内も含めたファイル名の一覧出力をする、サンプルマクロです。 ◆出力結果の例◆ E:\opencv\opencv331\sources\apps\traincascade\traincascade.cpp E:\opencv\opencv331\sources\apps\traincasc ...

ExcelVBA, ファイルの操作

ファイルのコピー ※同名ファイルが存在していた場合は、上書きされます。 ファイルの削除 エクセルファイルと同一パスにあるTEST01.txtファイルを削除 ファイルの移動 ※移動先の「"E:\保管\TEST01.txt"」を「"E:\保管\SAMPLE01.txt"」にすることで名前の変更ができます ...

ExcelVBA, ファイルの操作

1行ごとに読み込み 下記の例ではカンマを区切り文字としているため「\1,000」の様なカンマが含まれた文字列が存在する場合は、 列を正しく分割できません。 この問題点を回避したい場合は「2.シートにインポート」を使用してください。 CR+LF改行コードの場合 カンマ区切りのCSVファイルを1行目から ...

ExcelVBA, ファイルの操作

ファイル削除の基本 ファイル削除は killステートメント または CreateObject関数 を使用します。 kill ステートメント ※ワイルドカードの使用が可能です。 ※ファイルが存在しない場合、エラーになります。 ※ゴミ箱には入りません。完全削除になります。 CreateObject("S ...

ExcelVBA, ファイルの操作

ファイルの存在確認 CreateObject関数で確認 10行目の FileExists メソッドは、複数のファイルを指定するための "*" (アスタリスク) および "?" (疑問符) のワイルドカード文字は使用できません。 Dir関数で確認 7行目の DIR関数 は、Windowsの場合、複数の ...